いのちのホームルーム

「実は、私はがんでした」

一瞬一瞬の時が皆の命

菊池基校長の発案で始まった「いのちのホームルーム」(がん教育)。がんの経験から感じ取った命の尊さを生徒たちに伝えていく取り組み。自身の体験を赤裸々に語り、かけがえのない命について生徒と思いを共有する姿がそこにはあった。

「静岡新聞」「いのちのホームルーム」(がん教育)

「静岡新聞」で「いのちのホームルーム」(がん教育)が紹介されました。
静岡新聞記者の矢嶋様におかれましては、「いのちのホームルーム」を生徒と共に受講いただいた上で、感想を新聞に掲載していただき心よりお礼申し上げます。