「いのちのホームルーム」スタート!

この場をお借りして、関係の皆様にご報告いたします。

一昨年、病気により4か月間の休職をし、多くの方々にご心配をおかけいたしました。
その節には皆様方に励ましのお言葉等をいただいたこと、心よりお礼申し上げます。

病名を伏せておりましたが、私の心の整理もつきお世話になっている皆様にお伝えいたします。
病名は「膀胱がん」です。

2016年8月に膀胱がんの宣告を受け、2度の手術と抗がん剤治療を受けました。
休職しその後職場復帰いたしましたが、がんだった事実は学校の幹部にしか知らせていませんでした。

時がたち頭の中が整理されるにつれて、「がんを通して感じ取った命の尊さを生徒達に伝えるのが私の使命である」と思うようになりました。

クラス単位の授業で生徒達へメッセージを伝えることを決意し、「いのちのホームルーム」(がん教育)と名付け、10月からスタートいたしました。

これからも、生徒達に命の尊さを伝えていく「いのちのホームルーム」を全力で展開していく所存です。

皆様のご理解ご協力をお願いいたします。

 

いのちのホームルーム(がん教育)


いのちのホームルーム(がん教育)