国際ポエトリー交流プロジェクトに日本代表校として参加!

3月16日(土)、国際ポエトリー交流プロジェクトの2019年第1回バーチャル・ミートアップが開かれ、本校生徒17名がアメリカ・韓国・フィリピン・沖縄の高校生とインターネットを介して交流活動を行いました。

この日の活動は、アクションをつけながら自分の名前を紹介するネーム・ゲームでウォーミングアップをした後、会場ごとに自国の文化や芸術を紹介するパフォーマンスを披露し、最後にQ&A形式で、「どんな詩を作るのが好きか?」「外国人に薦めたい伝統的な食べ物は?」「自国の何を誇りに思うか?」などを紹介し合いました。

本校生徒たちは文化紹介パフォーマンスとして10人でソーラン節を披露し、息の揃った動きで他会場から拍手喝采を受けました。 

国際ポエトリー交流プロジェクトは、2014年に当時のアメリカ駐日大使であるキャロライン・ケネディ氏の発案により、日米2カ国の交流活動として始められ、その後、韓国・フィリピンが加わって4カ国で行われるようになりました。本校は、2014年の第1回から日本代表校として参加をしています。

「第50回卒業証書授与式」実施!

3月1日(金)に「第50回卒業証書授与式」が行われ、菊池基校長から卒業生一人ひとりに卒業証書が手渡されました。

菊池基校長の式辞に続いて、勝間田芳壽理事長の告辞、ご来賓の若林洋平市長のご祝辞と続きました。
在校生代表の松本陸さんの送辞に対し、卒業生を代表して勝又蓮さんが、高校生活の思い出や支えてくれた周りの方々への感謝を述べ、「本校の校訓である『誠実・友愛・勇気』の精神を大切に、力強く歩んでいきます」と心のこもった答辞を行いました。最後に、保護者を代表して、波田深代様が謝辞を述べました。

卒業生の皆様のご活躍を本校一同、心よりお祈りしております。

 

平成30年度卒業生「表彰式」実施! 

卒業式の前日2月28日(木)に、平成30年度卒業生「表彰式」を実施しました。
この式は、本校における高校生活3年間の努力や頑張りを表彰し、全校でお祝いをするものです。菊池基校長の式辞に続いて、ご来賓の保護者会長勝亦英樹様から温かいご祝辞をいただきました。

表彰は以下の通りです。

「ふじいばら賞」3年間の学習成績が優秀で、個人的社会的資質が卓越している生徒(4名)
 ・清水 愛唯 (進学コース)
 ・佐藤 光史 (総合コース)
 ・佐野 碧流 (情報処理コース)
 ・中村 遼太郎(特進コース)
「栄光賞」生徒会・部活動において良く活動し。功績顕著であった生徒(20名)
「特別賞」人命救助・篤行等、本校生徒として模範的行為のあった生徒(1名)
「皆勤賞」3年間で1日の欠席、1回の遅刻・早退のない生徒(39名)
「精勤賞」3年間で欠席が3日以内の生徒(73名)
「カーディニア・インターナショナル・カレッジ校長賞」学業成績が優秀で国際理解活動に功績があった生徒(1名)
「部活動功労賞」所属する部・同好会に3年間在籍し、部活動への出席・活動が良好であった生徒(128名)

外部団体からの表彰
「日本私立中学高等学校連合会会長賞」(1名)
「全国商業高等学校校長協会賞」(1名)
「静岡県私学協会会長賞」(8名)
「静岡県私学協会奨励賞」(11名)
「全国高体連空手道部部長賞」(1名)
「日本情報処理検定協会会長賞」(5名)
「日本情報処理検定協会検定委員長賞」(50名)
「血液センター感謝状」(27名)

空手道部「御殿場市特別表彰」受賞!

御殿場市制施行記念日である2月11日、御殿場市に功績があった方々が表彰される御殿場市表彰式が行われました。
本校空手道部は、特別表彰を受賞しました。
受賞理由は、御殿場市とイタリア格闘技連盟とのオリンピック事前合宿に関わる覚書締結に全面的に協力したこと、全国高校総体等で優勝し御殿場の名を全国的に知らしめた功績によるものです。
祝賀会では、空手道部女子3名が団体形演武を披露し、会場にいる方々より大きな拍手をいただきました。
今回の受賞は、部員達の大きな励みになることと思います。

(写真は左から、菊池基校長、若林洋平市長、細矢海代子コーチ)

富士岡中学校「立志式」空手道部演武!

この程、御殿場市立富士岡中学校2年生対象の「立志式」が富士岡中学校体育館にて行われ、本校空手道部が招待演武を披露しました。

全校生徒、保護者の皆さん、御来賓の見守る中、中学2年生の皆さんの今後の成長を願いながら心のこもった演武を披露し、大きな拍手をいただきました。

本校空手道部の生徒達も、中学生の真剣な眼差しを目にし、お互いの成長を誓い合いました。

 

小山町内一周駅伝 陸上競技部が一般の部優勝!

1月20日(日)に第66回小山町内一周駅伝が行われ、本校から陸上競技部とホッケー部が出場しました。
陸上競技部は一般の部(18チーム出場)で優勝し2連覇、ホッケー部も一般の部第5位と力走を見せてくれました。
陸上競技部から6区に出場した望月遥平(2年生)は、全ての部(61チーム出場)においても区間新記録の快挙でした。

<大会結果>
陸上競技部 一般の部 優勝(全出場チーム中4位)        
1区 石川夢一 (2年) 区間新記録
2区 豊田廉  (2年) 区間賞  
3区 藤巻光生 (3年) 区間賞
4区 宮川京一郎(1年)       
5区 須藤誠太 (1年) 区間賞   
6区 望月遥平 (2年) 区間新記録 
7区 山﨑健聖 (3年) 区間賞     

ホッケー部 一般の部 第5位
1区 杉山雄陸 (1年)
2区 柏木裕章 (1年)
3区 湯山蓮  (2年)
4区 吉本颯汰 (1年)
5区 三角楓  (3年)
6区 石原燎  (3年)
7区 豊竹洸利 (3年)

 

ITビジネスコース高大連携教育講演会実施!

1月11日(金)にITビジネスコースの1・2年生を対象とした、高大連携教育講演会が行われました。講師に産業能率大学情報マネジメント学部教授森本喜一郎先生をお招きし、「進化する携帯電話の世界」をテーマとしたお話を伺いました。
iPhoneやAndroid端末など生徒たちにとって身近な内容で、今と昔の携帯電話の違いに驚いたり、QRコードを使ってアンケートをとるなど、アクティブラーニングの授業に生徒たちは生き生きと参加していました。

第5回献血に48名が協力しました!

1月11日(金)に今年度第5回目の献血が実施され、本校生徒および教員48名が協力し、うち30名が400mL献血に協力しました。今年度の献血協力のべ人数は230人(うち400mL献血協力のべ人数125人)で、昭和52年から始まった本校の献血協力のべ人数は32,332人になりました。今年度もたくさんのご協力、ありがとうございました。

全日本空手道選手権大会 本校生徒・卒業生大活躍!!

天皇杯・皇后杯第46回全日本空手道選手権大会が12月8日(土)東京武道館で団体戦、9日(日)日本武道館にて個人戦が行われました。

全日本選手権大会は、年齢や体重に関係なく真の日本一を決める大会です。今大会静岡県代表として都道府県対抗の団体戦に本校より、伊藤颯輝(3年)、加藤拓(3年)、島愛梨(3年)、岡﨑愛佳(2年)の4名の生徒が代表で出場し、女子団体組手は準優勝、男子団体組手はベスト8と県勢として初の入賞を果たしました。
また、本校卒業生が各都道府県において個人戦、団体戦で出場し、各県で貢献し活躍されていました。本校卒業生の活躍の詳細はこちら
大会出場にあたりたくさんの応援をいただき、ありがとうございました!

<静岡県・大会結果>
女子団体組手 準優勝 (島愛梨・岡﨑愛佳)
男子団体組手 第5位 (伊藤颯輝・加藤拓)

書評合戦ビブリオバトル大会 出場!

12月15日(土)に開催された、小山町立図書館主催の「書評合戦ビブリオバトル大会 小山の戦い」に、荒井秀斗さん(1年生)、勝間田汐里さん(2年生)、田代碧さん(2年生)の3名が出場しました。

「ビブリオバトル」とは知的書評合戦とも呼ばれ、「バトラー」(今大会では「侍」)と呼ばれる発表者達が、面白いと思う本の魅力を5分間で紹介し合い、観戦者が一番読みたくなった本(チャンプ本)を投票で決める競技です。静岡県では、高校生の読書推進の柱として、ビブリオバトルを推奨しています。

当日はベテランの侍の方々も出場する中、生徒たちはお勧めの本の魅力を堂々と紹介し、観戦者との質疑応答も活気のある、とても充実した大会となりました。