陸上競技部 東部新人大会 男子800m優勝!!

9月8日(土)・9日(日)に、愛鷹広域公園陸上競技場にて東部高等学校新人陸上競技対抗選手権大会が行われました。

<大会結果>
男子800m    優勝  望月遥平(2-1) 
男子1500m   第2位  望月遥平(2-1)
男子3000m障害   第11位 石川夢一(2-6)

上記の2 名が、9月22日(土)・23日(日)に草薙運動公園陸上競技場で行われる第51回静岡県高等学校新人陸上競技対校選手権大会に出場します。応援よろしくお願いします。

特進コースOB,OG講話 実施!!

9月1日(土)、特進コースでは卒業生を招いて3学年の生徒に対して「OB,OG講話会」を実施しました。

この日、来校した卒業生は、今春大学に入学したばかりの方から大学卒業後約10年経つ社会人の方までの10名。高校時代の経験や大学の様子、就職活動についてなど、特進コースの後輩たちに伝えたいことを丁寧かつ熱く語ってくれました。

オーストラリア修学旅行実施!!

8月28日(火)から9月4日(火)までの8日間の日程で、本校生徒20名がオーストラリア修学旅行に参加しました。

今回はオーストラリアの研修に加えて香港に一泊するなど、例年に増して盛りだくさんの内容でした。真冬のオーストラリアの気候への戸惑いもありましたが、日本とは全く異なる雰囲気や壮大な景色に、生徒たちは大きな刺激を受けました。また、最初は英語でのやり取りに不安を感じていたものの、実際に現地生徒と会話をすることで、コミュニケーションの根本にあるのは「思いを伝えたい、メッセージを理解したい」という思いなのだと実感しました。

この修学旅行で学んだたくさんのこと、オーストラリアでしか出来ない体験、たくさんの方との出会い、生徒たちにとってどれもが大切な宝物となりました。今回の経験を、今後の学生生活や進路研究に生かすことを期待します。

オーストラリア修学旅行 フォトギャラリー

空手道部とホッケー部が御殿場市長を表敬訪問しました

この程、全国高校総体で全国制覇した空手道部と、ベスト8に入ったホッケー部が御殿場市役所を訪れ、御殿場市長に大会報告をいたしました。
菊池基校長の挨拶の後、細矢真人空手道部監督、小松和馬ホッケー部監督より大会報告をいたしました。
空手道主将の千葉美月さん、ホッケー部副主将の石原燎君が大会の感想を述べ、若林市長様より、選手たちに祝福の言葉をいただきました。

「アボちゃんサポーター」委嘱式実施!!

8月27日(火)に「アボちゃんサポーター」委嘱式が行われ、本校生徒10名が静岡県御殿場保健所松浦様から委嘱状を受け取り、静岡県における献血の状況やアボちゃんサポーターの活動内容についてお話を伺いました。
アボちゃんサポーターの生徒たちは、献血推進ボランティアとして地域や学校で献血の推進に関わる広報や啓発活動を行います。

本校はのべ献血協力者数日本一の高校です。本年度3回目の献血は9月18日(火)、4回目は12月12日(水)を予定しています。たくさんの献血のご協力をお願いします。  

全国高校総体空手道競技 女子団体組手優勝!!

平成30年度全国高等学校総合体育大会空手道競技が8月3日(金)から6日(月)まで、岐阜県(岐阜メモリアルセンター)にて行われました。
大会3日間、部員全員で力を合わせ戦い、女子学校対抗総合成績優勝、女子団体組手優勝、女子個人形で鈴木敦弓(3年)が第5位に入賞するなど健闘しました。
応援してくださったみなさん、本当にありがとうございました。
指導者、部員一同、次の目標に向かって更に精進し、頑張ります。

<大会結果>

女子学校対抗総合成績 優勝
女子団体組手     優勝(4年ぶり4回目)
女子個人形      第5位 鈴木敦弓(3年) ベスト16 福島愛理(2年)
女子個人組手     出場   島 愛梨(3年)
           
男子団体組手     出場
男子個人形      出場   渋谷優太(3年)

(※写真提供 JKFAN)

 

カーディニア・インターナショナル・カレッジで西日本豪雨被災地支援募金活動を行いました

オーストラリアにある本校系列校、カーディニア・インターナショナル・カレッジで、先月上旬に起きた西日本豪雨災害による被災地への支援として、募金活動を行いました。
募金活動の発起人は現在カーディニアに一年留学中の本校生徒、井上なつみさん(2年生)です。カーディニア生徒会長のSonさんと井上さんが中心となって、    お好み焼きを作って販売し、利益をすべて募金することになりました。
義援金A$360は、御殿場市社会福祉協議会を通して被災地へ届けられます。

全国高校総体ホッケー競技大会 ベスト8!!

7月28日(土)から8月1日(水)にかけて岐阜県各務原市で行われた「全国高校総体ホッケー競技大会」に、本校ホッケー部は3年連続3回目の出場を果たしました。
本校は初戦を見事に突破して2回戦に進出し、苦しい場面もありましたがなんとか勝利し、チームの目標であったベスト8に入ることができました。ベスト4をかけた準々決勝では、開催県代表の岐阜総合学園高校と対戦し、最後まで接戦の試合でしたが力及ばず、今年度はベスト8入りの結果となりました。来年度はさらに上位を目指して部員一同邁進します。
たくさんのご声援ありがとうございました。

<大会結果>
1回戦   本校 3 – 1 玖珠美山高校(大分県)
2回戦   本校 4 – 3 小国高校(熊本県)
準々決勝 本校 1 – 2 岐阜総合学園高校(岐阜県)

ホッケー部が小山町長を表敬訪問しました

7月27日から8月1日にかけて開催される全国高校総体ホッケー競技に、本校ホッケー部が3年連続3回目の出場を決めました。
7月17日に、小山町出身のホッケー部員生徒3名が小山町役場を訪問し、小山町長の込山正秀様に全国高校総体への出場を報告しました。生徒それぞれが大会での意気込みを力強く述べ、込山様から激励の言葉をいただきました。

静岡県立大学高大連携事業「出張講義」実施!

7月17日(火)、特進コース生徒全員を対象に、静岡県立大学食品栄養科学部栄養生命科学科教授、角替弘規先生の出張講義が行われました。テーマは「大学とはどのような場か」。
大学は高校までの学校とどのように違い、進学先をどのように選べばよいかについて、角替先生の専門の教育学の観点から、経験談を織り交ぜて分かりやすくお話していただきました。大学卒業後の「就職」はゴールではなく、スタートの一つのかたちであること、人生において何を成したいかを考えることの大切さなどを話していただきました。