カーディニア・インターナショナル・カレッジ生徒 ホームステイ体験!

 9月11日(月)、系列校であるカーディニア・インターナショナル・カレッジ(オーストラリア)から、生徒16名と引率教員2名の計18名が来日し、本校に到着しました。

 到着後にはさっそく、本校会議室でホストファミリーと笑顔のマッチングがおこなわれました。これから先、9月22日まで御殿場に滞在して日本語や文化を学びながら、本校生徒との交流を深めていきます。 

 カーディニア・インターナショナル・カレッジ HP    http://www.kardinia.vic.edu.au/

 

写真はマッチングの様子です

ニューヨークを訪問し、ポエトリー交流!

 8月20日~27日の1週間の日程で、「国際ポエトリー交流プロジェクト」がニューヨークで開かれ、本校から黒澤太夢さん(進学1年)、日永有咲さん(進学2年)、槙 和泉さん(特進2年)が参加をしました。
 このプロジェクトは、平成26年にキャロライン・ケネディ大使の発案で在日アメリカ大使館を中心におこなわれてきた活動であり、本校は開始当初から参加をしてきました。
 今回は、日米韓3か国の生徒10名ずつ参加し、詩の作成や朗読による交流の他に、ボランティア活動を行ったり、博物館などを訪問し歴史を学んだり、遊園地やヤンキースタジアムで大いに楽しんだりするなど、充実したプログラムが組まれ、参加生徒は1週間の活動を通して、他国の生徒たちとの相互理解を深めることができました。

 

アジア・ソサエティでの発表会後、参加生徒全員で記念撮影

他国の生徒たちに、パフォーマンス書道を披露する本校生徒

ホッケー部「東海高等学校ホッケー選手権大会」優勝!

 このほど、岐阜県ホッケー協会主催・東海ホッケー協会後援の「第40回東海高等学校ホッケー選手権大会」が、岐阜県各務原市の川崎重工ホッケースタジアムにて開催され、東海地区13高校のホッケー部が参加をしました。
 昨年度、本校ホッケー部は静岡県勢では初となる優勝を果たしましたが、今大会でも優勝することができ、2連覇を達成することができました。
 今後の静岡県新人大会や選抜大会県予選も、良い結果が残せるように頑張って欲しいです。

順位
優勝 御殿場西高校
  2位 可児工業高校(岐阜)
  3位 清水国際高校(静岡)
  4位 岐阜各務野高校(岐阜)
  5位 愛知産業大学工業高校(愛知)
  6位 名古屋国際高校(愛知)
  7位 岐阜総合学園高校(岐阜)
  8位 伊豆中央高校(静岡)

空手道部「全国高校総体」男女第3位!

平成29年度全国高等学校総合体育大会空手道競技が7月28日から31日まで、福島県猪苗代町総合体育館(カメアリーナ)にて行われました。

3日間、部員全員で力を合わせ戦い、男女団体組手3位、男子個人組手で伊藤颯輝(2年)が3位入賞するなど健闘し、総合成績も男女そろって第3位を獲得しました。

 

(結果は以下の通り)

男子学校対抗総合成績 3位

男子団体組手     3位

男子個人形      出場 渋谷優太(2年)

男子個人組手     3位 伊藤颯輝(2年)

           5位 大橋里央(3年)

女子学校対抗総合成績 3位

女子団体組手     3位 

女子個人形      5位 鈴木敦弓(2年)

           出場 山田瑞稀(3年)

女子個人組手     出場 小林直央(3年)

           出場 笠原万保子(3年)

 

ホッケー部「全国高校総体」ベスト16!

 このほど、山形県米沢市・川西町の2会場でおこなわれた「全国高校総体ホッケー競技大会」に、本校ホッケー部は2年連続2回目の出場を果たしました。
 初戦を見事に突破して2回戦に進出しましたが、対戦した全国大会常連の強豪校には力が及ばず、今年度もベスト16入りの結果で大会が終了となりました。来年度はさらに上位を目指し頑張って欲しいです。

 多くのご声援ありがとうございました。

1回戦 本校 3 – 1   東海高校(茨城県)
2回戦 本校 3 – 13 伊吹高校(滋賀県)

 

空手道部「アジア大会」銅メダル!

第14回アジアシニア空手道選手権大会、第16回アジアジュニア&カデット、21アンダー空手道選手権大会が7月13日から16日までカザフスタン、アスタナ市で行われました。

本校より、日本代表選手として出場した、小林直央(3年)は女子組手(アンダー21)にて銅メダルを獲得しました。男子組手(ジュニア)に出場した、鈴木康介(1年)は健闘しましたが、2回戦敗退となりました。

また、本校卒業生の谷沢元輝(法政大学2年・アンダー21男子組手)も健闘しましたが、惜しくも3位決定戦で敗退しました。

 

出前講座「魚がし鮨」開催!

 このほど、「魚がし鮨」による出前講座が、本校家庭科室にておこなわれました。

 魚がし鮨グループ会長の沓間様の講話の後、鮨職人の先生の指導で実習が始まりました。32名(未来創造コース1年)の生徒たちは、シャリを丸めネタをのせ、悪戦苦闘はしましたが、何度かおこなううちに立派な鮨が握れるようになりました。

 生徒たちは「難しいけど、面白い!もっと握りたい!将来は鮨職人になりたい!」など、楽しそうに握っていましたが、実習後の自分が握った鮨を食べている時も楽しそうでした。

空手道部「東海高校総体」5種目優勝!

この程、三重県桑名市体育館で第64回東海高等学校総合体育大会空手道競技が行われました。

大会では、部員一丸となって戦かった結果、男女団体組手でアベック優勝を達成するなど、5種目で優勝しました。

<大会結果>

女子

団体組手 優勝

個人組手 優勝 谷沢純香(3年)

     2位 小林直央(3年)

     3位 笠原万保子(3年)

     3位 島 愛梨(2年)

個人形  優勝 山田瑞稀(3年)

     2位 鈴木敦弓(2年)

男子

団体組手 優勝

個人組手 優勝 大橋里央(3年)

     2位 奥山大輝(3年)

     3位 伊藤颯輝(2年)

個人形  2位 渋谷優太(2年)

 

第12回ふじいばら杯「詩のボクシング」御西高大会 開催!

 このほど、第12回ふじいばら杯「詩のボクシング」御西高大会を、日本朗読ボクシング協会代表の楠かつのり氏を招き、本校スカイホールにて盛大に開催されました。

 「詩のボクシング」とはリングに見立てた舞台の上で、2人の朗読ボクサーが自作の詩を読み上げ、ジャッジ(観戦者)にどちらの詩が良かったか(心に響いたか)を判定される、表現力を競い合う競技です。

 オープニングセレモニーの団体戦のあと、各コースを代表して参加した16名の朗読ボクサーによって、トーナメントによる朗読の戦いが繰り広げられました。
 普段の生活で感じたこと、友達のこと、将来のことなどを真剣に時にはユーモラスに朗読し、どの対戦でも会場内をおおいに沸かせました。

優 勝 木村 沙弥香さん(3-γ)3年連続優勝達成!
準優勝 後藤  龍哉さん(2-β)
第 3 位 河野  実沙さん(2-4)
第 3 位 鈴木 つくしさん(2-6)