朝の挨拶運動・自転車マナーアップキャンペーン実施!

10月17日(水)本校正門前において、朝の挨拶運動・自転車マナーアップキャンペーンを実施しました。
この運動は、御殿場市と御殿場警察署および本校が協力して、生徒の交通安全意識を高め、交通事故の防止を図ることを目的としています。

はじめに、御殿場市役所市民部くらしの安全課湯山様と、御殿場警察署交通課長岡澤様からご挨拶をいただきました。
自転車通学の生徒たちは、交通指導員の方からリーフレットやワイヤーロックを受け取り、安全運転の大切さについて説明を受けました。
たくさんの保護者の方々にも挨拶運動にご協力いただき、生徒たちの爽やかな挨拶が印象的でした。

「ふじいばらの実」がたくさん実っています!

本校敷地内にある「ふじいばら」に赤い実がたくさん実りました。
ふじいばらは初夏に可憐な白い花を咲かせ、毎年この時期に実りを迎えます。

本校は高校3年間の努力の成果をまとめた『ふじいばらの実』を発行しています。
学業や部活動に積極的に取り組み、たくさんの実りある高校生活になることを期待します。

菊池校長撮影(10月18日 本館前花壇にて)

第3回献血に41名が協力しました!

9月18日(火)に今年度3回目の献血が実施され、本校生徒および教員41名が協力し、うち27名が400mL献血に協力しました。昭和52年から始まった本校の献血協力のべ人数は32,227人になりました。

今回の献血に向けて、先月末に御殿場保健所からアボちゃんサポーターに委嘱された本校生徒10名が9月14日(金)の全校朝礼で献血の呼びかけを行いました。翌15日(土)は小雨の降る中、昇降口で献血推進キャラクター「けんけつちゃん」が描かれたティッシュを配布しながら、生徒一人ひとりに協力を呼びかけました。

 

「アボちゃんサポーター」委嘱式実施!!

8月27日(火)に「アボちゃんサポーター」委嘱式が行われ、本校生徒10名が静岡県御殿場保健所松浦様から委嘱状を受け取り、静岡県における献血の状況やアボちゃんサポーターの活動内容についてお話を伺いました。
アボちゃんサポーターの生徒たちは、献血推進ボランティアとして地域や学校で献血の推進に関わる広報や啓発活動を行います。

本校はのべ献血協力者数日本一の高校です。本年度3回目の献血は9月18日(火)、4回目は12月12日(水)を予定しています。たくさんの献血のご協力をお願いします。  

カーディニア・インターナショナル・カレッジで西日本豪雨被災地支援募金活動を行いました

オーストラリアにある本校系列校、カーディニア・インターナショナル・カレッジで、先月上旬に起きた西日本豪雨災害による被災地への支援として、募金活動を行いました。
募金活動の発起人は現在カーディニアに一年留学中の本校生徒、井上なつみさん(2年生)です。カーディニア生徒会長のSonさんと井上さんが中心となって、    お好み焼きを作って販売し、利益をすべて募金することになりました。
義援金A$360は、御殿場市社会福祉協議会を通して被災地へ届けられます。

ネットモラル教育実施!

本校では今年度、ネットモラル教育に力を入れています。
7月18日(水)に、警察庁作成のネットトラブルやネット犯罪に関するDVDを視聴したうえで、御殿場警察署生活安全課の大澤侑真様からお話を伺いました。大澤様には、青少年を取り巻くSNSを利用した犯罪と被害者にならないための対策について、講演をしていただきました。県内で起こった実例も紹介しながらのお話に、生徒たちは真剣に耳を傾けていました。これから夏休みを迎える生徒たちにとって、とてもためになる講演会になりました。

西日本豪雨被災地支援募金活動を行いました

先月上旬の西日本豪雨によって多くの方が犠牲になり、今もなお多くの方が避難生活を余儀なくされています。
本校の被災地支援活動として、7月11日(水)にカインズホーム御殿場店にて、生徒会役員を中心とする生徒たちが募金活動を行いました。ご協力いただいた募金額は38,489円となりました。急なお願いにもかかわらずご協力していただきましたカインズホーム御殿場店の皆様、雨が降る中にもかかわらず足を止めて募金をしてくださった皆様、心より感謝致します。

7月12日(木)の静岡新聞にて、募金活動の様子が掲載されました。

静岡新聞 7月12日掲載 (写真提供 静岡新聞社)

現在、校内における募金額は61,273円になりました。先日カインズホーム御殿場店にてご協力いただいた募金と合わせて、生徒会役員の生徒たちが御殿場市社会福祉協議会にお届けしました。義援金は中央共同募金会を通じて、被災地へ届けられます。

今回の豪雨によって亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された地域が一日でも早く復興できることを願っております。

 

国際ポエトリー交流プロジェクト実施!

6月2日(土)、国際ポエトリー交流プロジェクトが開かれ、本校生徒たちがインターネットを通じて、アメリカ・韓国・フィリピン・沖縄の高校生と交流しました。

今回は、個人または2人組による詩の朗読を6回戦行い合計点を競う4カ国対抗戦の形式で行われ、本校生徒は沖縄・首里高校の生徒たちと日本チームとして出場しました。日本チームは残念ながら優勝を逃しましたが、他国の高校生と文化や言葉の壁を越えて共感したり、感じ方の違いに驚いたり、貴重なひと時を過ごすことができました。

この交流活動を推進されているキャロライン・ケネディ前駐日大使も、ニューヨーク会場から参加生徒全員にエールを送って下さいました。

(写真は、ニューヨークのリードでウォーミングアップする様子、2人組で発表をする日永さんと杉本さん、各国の生徒たちにエールを送るケネディ前駐日大使)

校内の「ふじいばら」満開!

校章のモチーフである「ふじいばら」の花が満開を迎えました。
調和を保ち、美しく開花した「ふじいばら」。
日の光を受け、すがすがしく輝くその姿は、私たちの心を癒してくれます。

本校の校訓である『誠実・友愛・勇気』は、「ふじいばら」に象徴されています。
純白で美しい花びらから『誠実』
周りの花と、調和を保って咲く姿から『友愛』
厳しい富士山麓の冬を乗り越え、春に開花する生命力から『勇気』 

本校では、生徒が「ふじいばら」のように、誠実で、優しく、逞しい人間に成長するよう、学校生活を大切に考えています。

平成30年度第1回献血実施!

 5月9日(水)に今年度1回目の献血が行われました。今回は49名が献血(うち18名は400mL)し、累計32,151名となりました。
 本校では昭和52年より学校体制で献血活動に取り組み、平成20年度に累計3万人を突破し、赤十字血液センターから感謝状が贈られました。また、平成26年度には本校の長年にわたる献血への協力が認められ、厚生労働大臣表彰を受賞しました。