【国際理解】カーディニア・インターナショナル・カレッジ創立25周年

4月28日(火)はカーディニア・インターナショナル・カレッジ(KIC)創立記念日です。今年で創立25周年を迎えました。創立当時は全校生徒70名程度からスタートしたKICでしたが、現在は生徒数は1900名を超え、幼稚園から高校までの一貫教育を行っております。国際バカロレア教育を実践し、ジロング市内だけでなくビクトリア州でも高い評価を受ける学校へと成長を遂げました。中学校1年生から一人一台タブレット型パソコンを所持し、それを授業で用いています。日本のICT教育のはるか先を行っていると言えます。本校が今取り組んでいるオンライン授業等も、ほとんどがKICのノウハウを参考にさせていただいております。

今年は新型コロナの影響で、例年のような大規模な祝賀行事は出来ませんが、創設者である勝間田芳麿氏への感謝と尊敬の気持ちを大切にしてくれています。Youtubeにて創立記念日を祝う動画がアップロードされておりますので、ぜひご覧ください。

Kardinia International College -ホームページ(こちらより)

Kardinia International College “Founder’s Day 2020″-Youtube(こちらより)

KICのような素晴らしい学校と系列校であることを大変うれしく思うと同時に、25周年を迎えたということを心からお祝いしたいと思います。

Congratulations, Kardinia !!

We would love to share this wonderful day with you, and wish you a very special day.

We are looking forward to seeing Kardinia’s step toward the next stage of future education.

【ICT教育】オンライン授業(体育科)

 

新型コロナウイルス感染症の影響で臨時休業が続く中、生徒の皆さんは外出も控え、運動する機会もなかなかないと思います。そこで本校体育科が立ち上がり、「家でも出来るエクササイズ」を配信することを決断しました。毎日朝のホームルームにて1分程度の動画を配信し、様々なテーマで皆さんの健康維持、健康促進につなげたいと思います。

 

【ICT教育】オンライン授業スタート

本日からオンライン授業をスタートしました。本日は英語科のみの実施となりましたが、久しぶりの授業ということもあり、生徒も先生もとても楽しい時間を過ごすことができました。

今回実施したのは全コース全学年ミックスで、8段階のレベル別講座を完全選択制で行うというものです。普段の授業ではなかなか出来ない大胆な試みですが、オンラインでそれが可能となりました。生徒は自分の学力に合うレベルの講座を選択するため、より効果的な学習となるだろうと期待しています。また、中学校までの復習も可能で、学び直しの機会にもなります。

 

ICTで生徒と繋がる学校へ

新型コロナウイルス感染症の拡大の影響で本校は本日から臨時休業措置を取っております。新年度が始まったばかりでの休業ということで、教職員も非常にもどかしい気持ちでおります。しかし、これからの2週間は、生徒とオンラインで繋がり、オンライン上で生徒への連絡や課題を指示する体制を整えました。また、生徒もオンラインで課題を提出するということも可能となり、今までになかったICT教育がスタートしております。

この状況を前向きに捉え、必ず強くなりましょう!

【国際理解】オーストラリア3ヵ月語学研修生帰国

1月からオーストラリアに3ヵ月語学研修に行っていた3名が3月21日に帰国しました。新型コロナウイルスの影響により、帰国を1週間早める形となりました。時間は短くはなりましたが、それでもたくさんの出会いの中で、多くの経験を積みながら能力を伸ばすこと出来ました。この経験をこれからの学校生活の中で発揮しつつ、自分の将来につながてもらいたいと思います。

今年度で離任される先生方

春は出会いの季節であると同時に別れの季節でもあります。今年度6名の先生方が本校を退職することになりました。長年にわたって本校を支えてくださり、今の御殿場西高等学校を作ってくださった先生方です。本当にありがとうございました。

本来であれば、離任式を行い、生徒の皆様には発表をすることになっておりますが、新型コロナウイルスの影響によりそれが難しい状況となっております。今年度に限り、ホームページにて発表させていただき、以下、退職される先生方からのメッセージを掲載する形を取らせていただきます。

 

【菊池基 校長】

生徒の皆さんの成長する姿を見続けることができて、とても幸せでした。
これからも、充実した高校生活を送ってください。
いつまでも、応援しています。

 

【土屋貴央 副教頭】

 伊能忠敬は、江戸時代に全国の海岸線を測量し、正確な日本地図を最初に完成させた人物として有名ですが、もとは千葉の商人です。伊能がそれまでの仕事を辞めて江戸に行き、天文や測量の勉強を始めたのは50歳のときで、日本全国の測量を開始したのは55歳になってからのことでした。
 元号が令和に変わった昨年、私の年齢も50の大台に乗りました。時代の変化を感じるとともに、私も伊能忠敬のように新しい場所に出て挑戦をしたいという思いを強く持つようになりました。
 臨時休校のため、生徒の皆さんに直接お別れの挨拶をすることができなくなりましたが、26年間、御殿場西高校で純朴で素直な生徒たちと優しく温かい先生方に囲まれて教員生活を送れたことを、たいへん感謝しています。ありがとうございました。

 

【表寺明子 先生】

御殿場西高校の生徒の皆さん、保護者の皆様、関係者の皆様、とてもお世話になりました。
私は就職してから現在まで、公共機関を使って通勤していました。
御殿場線の車窓から眺める富士山もとても綺麗ですが、一番美しいと私が感じていたのは、通学路から眺める富士山です。
一番美しい富士山と御殿場西高校の皆さんに会いたい想いで、19年間お勤めすることができました。心から感謝しています。
皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。

 

【勝間田奈緒 先生】

 このような情勢のため、皆さんと顔を合わせて挨拶できないままお別れすることになってしまいごめんなさい。最後は直接会ってお話したかったです。
 事務室の窓口で皆さんと交わす何気ない会話が、いつも私に元気を与えてくれました。しょうもない笑い話から人間関係や恋愛相談まで、色々な話をしてくれましたね。気さくに声をかけてくれて、どの瞬間も大切な時間でした。
 皆さんには、「一番近くにいて一番大切にするべき人がいること」を当然と思うことなく、人を想える豊かな心を持ってこれから活躍できるよう祈っています。
 いつかまた街中で見かけた時は声をかけてください。今までありがとうございました。またね。

 

【金刺大樹 先生】

3年間という短い間でしたが、御殿場西高校では本当にたくさんの「出逢い」がありました。皆さんに出逢えたこと、交わした言葉、そのすべてが私にとっての「出逢い」であり、忘れられないものになりました。そしてそれらが現在の自分を創っているのだと思います。そう思えたのも皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。

 

【根上さゆり先生】

 

【ホッケー部】いすみ椿杯優勝!!

さかのぼること2月22、23日に「第9回いすみ椿杯ホッケー大会」が千葉県いすみ市の大原グランドで行われました。この大会は、千葉県いすみ市ホッケー協会が主催する大会で今回初めて参加させていただきました。
 今回5チーム参加し、総当たり戦を行い、本校は4戦全勝で見事優勝することが出来ました。今大会で得たものも多く、インターハイ予選に向けて大きな一歩となった大会でした。

 試合結果
本校 4-0 清水国際高校
本校 3-1 利根商業高校(群馬県)
本校 3-0 成東高校(千葉県)
本校 3-2 大原高校(千葉県)

②大原高校・③清水国際高校・④成東高校・⑤利根商業高校

【空手道】佐合尚人(27)東京五輪代表決定!!

本校卒業生である佐合尚人(27)が組手67キロ級で東京五輪代表に決定しました!

御殿場西高等学校初の五輪選手誕生に空手道部監督の細矢真人先生をはじめ、全教職員も喜びに沸いております。新型コロナウイルスの感染拡大が世界中に影響している中、本校にとってはとても明るいニュースとなりました。

高校時代主将も務めた佐合選手は、3年時の全国高校総体で個人組手3位に入賞しました。その後2018年スペインで開催された世界選手権において組手60キロ級で見事銀メダルを獲得。これが代表選出へとつながることになりました!!

佐合選手おめでとうございます。東京五輪での活躍を心から楽しみにしています!!