学びの特色

探究学習

Inquiry learning

御殿場⻄⾼等学校の探究学習

新学習指導要領における「総合的な探究の時間」とは

「総合的な探究の時間」では、⽣徒が主体的に課題を設定し、情報の収集や整理・分析をしてまとめるといった能⼒の育成を⽬的としている。「総合的な探究の時間」では、学習対象や学習領域が特定の教科や科⽬等にとどまらずに、横断的、かつ総合的でなければならない。⾼等学校の「総合的な探究の時間」における具体的な学習内容には、次のものが挙げられる。

  • ⾃然環境とそこに起きているグローバルな環境問題

  • 地域の伝統や⽂化とその継承に取り組む⼈々や組織

  • ⽂化や流⾏の創造と表現

  • 職業の選択と社会貢献及び⾃⼰実現

探究学習に求められること

探求活動を通して、「建学の精神」や「教育⽬標」を実践する。本校の場合

建学の精神

誠実で、良識と豊かな⼼を持ち、実⾏⼒があり、地域に貢献できる⼈材を輩出する。

教育⽬標

  • 誠実・友愛・勇気」の精神を養う。

  • 主体的かつ⾃律的な姿勢を養う。

  • 幅広い知識と⾼い対話・⾔語スキルを養う。

  • 思考⼒・判断⼒・表現⼒を⾼め、対話的で協働的で共創的な姿勢を養う。

  • 国際的な視野を備え、多様な⾔語・⽂化に対する理解を深め、グローバルな共⽣マインドを養う。

  • 地域社会のさまざまな課題に当事者意識を持ち、地域社会と協働して課題解決をする姿勢を養う。

  • 社会の変化(AI・Society5.0)に対応し、新しい時代に求められる技術を使いこなす能⼒を⾼める。

  • ⾃分⾃⾝を客観的にとらえ(メタ認知)し、さらなる成⻑へと繋げられる⼒を養う。

⽬指す⽣徒像

  • ⾔語やICTを使いこなす能⼒
    ⾼い英語⼒とICTを駆使し、様々な場⾯で⾃分の意⾒や考えを表現ができる。
    社会で実⽤性の⾼い知識や技術を⾝に付け、効果的に活⽤出来る。
    信頼できる知識や情報を収集し、有効に活⽤出来る。

  • ⾃律的に活動できる能⼒
    主体的に⾏動し、⾝の周りに起こることに対し当事者意識を持つことが出来る。
    最終⽬標を定め、優先事項をプランニングして⾏動することが出来る。
    ルールを理解し、それを踏まえた⾔動を選択することが出来る。

  • 異質な集団において交流する能⼒
    相⼿の考えをしっかりと理解し、⾃分⾃⾝の考えを理解されることが出来る。
    ⽬標を達成するために他者と協働し、新しい価値(アイデア)を共創することが出来る。
    意⾒の対⽴や理解の相違を認め、解決することが出来る。

ハイスクールフォーラム2021

「御殿場市を魅力的なまちに」

御殿場青年会議所とコラボしたまちづくりプロジェクトです。高校生の視点から、御殿場市が抱えている社会課題にアプローチし、持続可能かつ見る欲的なまちを作るプロジェクトです。生徒たちは普段はあまり関わることのない、企業の方々と協力して、自分たちにできることは何かを探究していきます。CiviTech(市民✖️テクノロジー)を取り入れ、身近なアプリの活用、アプリの開発など、ICTを積極的に活用して課題の解決を目指していきます。圧倒的な当事者意識で、御殿場の未来にチャレンジしています。

学びの特色

Feature